訪日外国人観光客の決済サービスについてのまとめ記事

訪日外国人観光客の決済サービスについてのまとめ記事

訪日外国人観光客の受け入れ環境整備の中でも、重要な課題としてあげられている決済(サービス)についての記事をまとめました。

ICカード対応はインバウンド観光、クレジットカードの不正使用防止に効果:2020年までに決済環境の整備を

ICカード対応はインバウンド観光、クレジットカードの不正使用防止に効果:2020年までに決済環境の整備を イメージ画像

日本よりもクレジットカードなどの電子決済が普及していて、普段からキャッシュレスで買い物できる環境にいる訪日外国人観光客も少なくありません。日本滞在中に、買い物をしてもらうために、決済環境を整備することが消費額に影響すると見られています。
官公庁は東京オリンピックが行われる2020年を目処に、ICカード普及率、決済端末の普及率を100%にすることを目標にしています。 インバウンドビジネスとも関わりが深いクレジットカードを取り巻く環境の変化についての紹介記事です。

http://honichi.com/11221

国内で導入が進む中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」:りんくう・御殿場アウトレットでも導入開始

国内で導入が進む中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」:りんくう・御殿場アウトレットでも導入開始 イメージ画像

訪日外国人観光客を集客・誘致する際に、大きなターゲットになってくるのが訪日中国人観光客です。中国で広く普及している電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」の説明とその導入事例です。

http://honichi.com/12441

訪日中国人観光客集客へ電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」の活用を:各地で進む導入の動き

訪日中国人観光客集客へ電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」の活用を:各地で進む導入の動き イメージ画像

中国で近年急速に普及し始めている「支付宝(アリペイ)」。「アリババグループ」が提供する中国最大級のオンライン決済サービスです。
訪日中国人観光客の集客のポイントの1つになると考えられる「支付宝(アリペイ)」の導入事例をいくつか紹介します。

http://honichi.com/11423

このように訪日外国人観光客の消費のさらなる利便性を向上させるために、決済関連の整備が進んでいます。

今後もインバウンドビジネスにお役立ていただけるような内容を「訪日ラボ」の記事からまとめていきますので、よろしくお願いします。

お気軽にお問合せください

お問合せフォーム