訪日外国人観光客誘致にむけた地方の取組みに関するまとめ記事

訪日外国人観光客誘致にむけた地方の取組みに関するまとめ記事

訪日外国人観光客の増加に伴い、地方を訪問する訪日外国人観光客の数も増加し、いわゆるゴールデンルートだけではなく訪問先も分散される傾向にあります。
今回は、地方での自治体や企業による訪日外国人観光客の誘致への取組みについてご紹介します。

【地方誘致】インバウンド宿泊者数 成長率3位の香川県:訪日客に人気沸騰の香川県の3つの取組みとは

【地方誘致】インバウンド宿泊者数 成長率3位の香川県:訪日客に人気沸騰の香川県の3つの取組みとは イメージ画像

観光庁による宿泊旅行統計調査での「都道府県別外国人延べ宿泊者数」の増加、企業による「2016年 訪日旅行(インバウンド)の人気上昇エリアランキング」の人気が上昇したエリアに選ばれるなど、数字からも香川県が人気のエリアであることが分かります。
香川県における訪日外国人観光客の誘致への取組み事例の紹介です。

http://honichi.com/13818

「食と農の景勝地」認定&訪日客数対前年比125%で注目を集める帯広・十勝地域:短編映画の作成や多言語化などインバウンド対策を推進

「食と農の景勝地」認定&訪日客数対前年比125%で注目を集める帯広・十勝地域:短編映画の作成や多言語化などインバウンド対策を推進 イメージ画像

十勝総合振興局の統計によると、平成27年度の帯広市における訪日外国人観光客の宿泊数は前年比125%を記録しました。
昨年11月には農林水産省による「食と農の景勝地」として認定され、さらに訪日外国人観光客の人気が高まりそうな帯広・十勝地域の取組みの事例です。

http://honichi.com/12611

青森県では訪日客宿泊者数80%増に:復興庁による新しい東北事業を軸とした民間・自治体からのインバウンド対策をおさらい

青森県では訪日客宿泊者数80%増に:復興庁による新しい東北事業を軸とした民間・自治体からのインバウンド対策をおさらい イメージ画像

東日本大震災以降、東北の魅力を国内外に発信する取り組みや訪日外国人観光客への東北体験の機会を提供する事業の支援など、復興庁が企業や自治体と組んで様々な事業を行ってきました。
復興庁の「新しい東北」事業を軸とした取組みの紹介です。

http://honichi.com/12998

狙いは観光スポットの発掘? 京都府、全国初となる「ポケモンGO」用データベース運用へ

狙いは観光スポットの発掘? 京都府、全国初となる「ポケモンGO」用データベース運用へ イメージ画像

話題のスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」を使って観光客誘致に役立てようという動きは自治体や企業など他にもありますが、京都府は「ポケモンGO」の情報を観光資源と結びつけたデータベースを製作することを発表しました。全国初となるデータベースの運用で観光客誘致をめざす京都府の事例です。
復興庁の「新しい東北」事業を軸とした取組みの紹介です。

http://honichi.com/12916

各自治体や企業が、それぞれの地方の特色を生かして訪日外国人観光客を誘致していることが分かります。

今後もインバウンドビジネスにお役立ていただけるような内容を「訪日ラボ」の記事からまとめていきますので、よろしくお願いします。

お気軽にお問合せください

お問合せフォーム